四日市市桜地区の位置と概略






三重県 面積:5,777.17km2 (平成19年10月1日)
 14市15町 29自治体 (平成18年1月10日以降)
明治4年(1871) 現三重県域は、北半分が安濃津県、南半分が度会県の二県に定められる。
明治5年(1872)
安濃津県の県庁を安濃津郡津から三重郡四日市へ移転。このとき県名は県庁所在地の名をとる原則に従い、「三重県」が県名となる。
明治6年(1873) 再度、県庁を四日市から津に戻したが、県名は改称されなかった。
明治9年(1876) 三重県と度会県の両県が合併して、現在の三重県が成立。
三重県の人口→1,815,865人国勢調査平成27年(2015)
                     (平成22年国勢調査に比べ38,859人減少(2.1%減)
  平成30年6月1日現在→1,791,894人(男 873,689人 女 918,205人)
四日市市  面積:205.53km2
 平成17年2月7日楠町合併につき、旧四日市23地区+楠町=24地区となる。
文明5年(1473) 「四ヶ市庭浦」(出典:外宮庁宣案)の記述があり、この頃既に「四日市」の定期市が立ち、土地名の由来となる。
明治22年(1889) 町制施行により、四日市は浜田村・浜一色村とに末永・赤堀・芝田・久保田村の各一部を加え、新「三重郡四日市町」発足。(当時の人口15,483人) (明治21年、明治の大合併:市制・町村制施行)
明治30年(1897) 市制施行により「四日市市」誕生。全国45番目の市となり、以来港と工業を中心に順調に発展。
昭和5年(1930) 徐々に周辺の町村を併合し始める。
昭和28〜31年 市町村合併法に伴い、更に合併を続けた。(昭和の大合併)
平成17年(2005) 2月7日、四日市市と三重郡楠町が合併し、新「四日市市」がスタート。(平成の大合併) 人口30万人を超えたが中核市移行は断念。現在特例市に指定されている。
平成17年3月1日現在・・・四日市市の人口→309,998人このうち楠町の人口→11,420人
四日市市の人口→312,182人(平成27年10月1日国勢調査結果)
  平成30年7月1日現在→312,279人(男156,185人、女156,094人、世帯数137,959)
桜地区 面積:12.02km2 
江戸時代末まで 佐倉村と桜一色村は「津藩領」、智積村は「天領と有馬藩領の相領」であった。
明治初期 現桜地区は、伊勢国三重郡同佐倉村、同桜一色村、同智積村の三村であった。
明治5年(1872) 現桜地区(佐倉村、桜一色村、智積村)は三重県三重郡となる。
明治8年(1875) 佐倉村と桜一色村が合併して「桜村」となる。「智積村」はそのまま。
明治22年(1889) 桜村と智積村が合併して「桜村」となり、桜村大字桜、桜村大字智積となる。 (当時の人口2,473人)
(明治の大合併・・・明治21年 内務大臣訓令第352号)に基づき、約300〜500戸を標準規模として行われた町村合併。行財政機能を充実し、近代的な地方自治制度を導入するために実施された
昭和29年(1954)
三重郡桜村は四日市市に合併する。この時、四日市市桜町と四日市市智積町の二町に分かれる。(二町合わせて人口・・・3,140人)
(昭和の大合併・・・昭和28年の町村合併促進法により、新制中学校が合理的に運営できる人口規模として、約8000人を標準とした町村合併)
昭和44年(1969)
これ以降、桜地区内の南方丘陵地で宅地開発が進む。順次「桜台」、「桜ヶ丘」、「桜花台」、「桜新町」が造成され桜地区の人口は増大する。
桜地区の人口→14,966(世帯数5,912、7,287人、女7,679人)(平成30年7月1日現在)

桜地区の通称町別人口 (平成30年7月1日現在)
智積町  1870人
  世帯数:813
桜町南  1325人
  世帯数:506
桜町西 696人
 世帯数:265
桜町北 1364人
 世帯数:517
桜ヶ丘 483人
 世帯数:189
桜台一丁目 1590人
  世帯数:625
桜台二丁目 2597人
  世帯数:1076
桜台三丁目 303人
 世帯数:131
桜台本町 513人
 世帯数:204
桜花台一丁目 1643人
  世帯数:625
桜花台二丁目 1117人
  世帯数:425
桜新町一丁目 672人
  世帯数:252
桜新町二丁目  773人
  世帯数:284

「HOME」へ