四日市市桜地区の位置と概略


三重県  面積:5,777.17km2 (平成19年10月1日)
 14市15町 29自治体 (平成18年1月10日以降)
明治4年(1871) 現三重県域は、北半分が安濃津県、南半分が度会県の二県に定められる。
明治5年(1872)
安濃津県の県庁を安濃津郡津から三重郡四日市へ移転。このとき県名は県庁所在地の名をとる原則に従い、「三重県」が県名となる。
明治6年(1873) 再度、県庁を四日市から津に戻したが、県名は改称されなかった。
明治9年(1876) 三重県と度会県の両県が合併して、現在の三重県が成立。
三重県の人口→1,854,724人(平成22年10月1日国勢調査結果)
             1,825,305人 (男 888,548人 女 936,757人)(平成26年3月1日現在)
三重県下に於ける平成の大合併(平成18年1月10日現在)
   平成10年度末に69市町村あったが、平成17年度末には29市町(14市15町0村)に再編された。
合 併 年 月 日 新市町村名 旧 市 町 村 名
平成15年12月1日 いなべ市 員弁郡北勢町、同郡員弁町、同郡大安町、同郡藤原町
平成16年10月1日 志摩市 志摩郡浜島町、同郡大王町、同郡志摩町、同郡阿児町、同郡磯部町 (志摩郡消滅)
平成16年11月1日 伊賀市 上野市、阿山群伊賀町、同郡島ヶ原村、同郡阿山町、同郡大山田村、名賀郡青山町 (阿山郡・名賀郡消滅)
平成16年12月6日 桑名市 桑名市、桑名郡多度町、同郡長島町
平成17年1月1日 松阪市 松阪市、一志郡嬉野町、同郡三雲町、飯南郡飯南町、同郡飯高町 (飯南郡消滅)
平成17年1月11日 亀山市 亀山市、鈴鹿郡関町 (鈴鹿郡消滅)
平成17年2月7日 四日市市 四日市市、三重郡楠町
平成17年2月14日 大紀町 度会郡大宮町、同郡紀勢町、同郡大内山村
平成17年10月1日 南伊勢町

度会郡南勢町、同郡南島町

平成17年10月11日 紀北町

北牟婁郡紀伊長島町、同郡海山町

平成17年11月1日 伊勢市

伊勢市、度会郡二見町、同郡小俣町、同郡御薗村

平成17年11月1日 熊野市

熊野市、南牟婁郡紀和町

平成18年1月1日 津市 津市、久居市、安芸郡河芸町、同郡芸濃町、同郡美里村、同郡安濃町、一志郡香良洲町、同郡一志町、同郡白山町、同郡美杉村(安芸郡・一志郡消滅)
平成18年1月1日 多気町

多気郡多気町、同郡勢和村

平成18年1月10日 紀宝町

南牟婁郡紀宝町、同郡鵜殿村

平成18年1月10日 大台町

多気郡大台町、同郡宮川村

四日市市  面積:205.53km2
 平成17年2月7日楠町合併につき、旧四日市23地区+楠町=24地区となる。
明治22年(1889) 町制施行により、四日市は浜田村・浜一色村とに末永・赤堀・芝田・久保田村の各一部を加え、新「三重郡四日市町」発足。(当時の人口15,483人) (明治21年、明治の大合併:市制・町村制施行)
明治30年(1897) 市制施行により四日市市誕生。全国45番目の市となり、以来港と工業を中心に順調に発展。
昭和5年(1930) 徐々に周辺の町村を併合し始める。
昭和28〜31年 市町村合併法に伴い、更に合併を続けた。(昭和の大合併)
平成17年(2005) 2月7日、四日市市と三重郡楠町が合併し、新「四日市市」がスタート。(平成の大合併) 人口30万人を超えたが中核市移行は断念。現在特例市に指定されている。
平成17年3月1日現在・・・四日市市の人口→309,998人このうち楠町の人口→11,420人
四日市市の人口→307,766人(平成22年10月1日国勢調査結果)
            312,972人(男155,550人、女157,422人)世帯数131,028 (平成26年3月1日現在)   
桜地区  面積:12.02km2
明治初期まで 現桜地区は、伊勢国三重郡智積村、同佐倉村、同桜一色村の三村であった。
明治5年(1872) 現桜地区(佐倉村、桜一色村、智積村)は三重県三重郡となる。
明治8年(1875) 佐倉村と桜一色村が合併して「桜村」となる。「智積村」はそのまま。
明治22年(1889) 桜村と智積村が合併して「桜村」となり、桜村大字桜、桜村大字智積となる。 (当時の人口2,473人)
(明治の大合併・・・明治21年 内務大臣訓令第352号)に基づき、約300〜500戸を標準規模として行われた町村合併。行財政機能を充実し、近代的な地方自治制度を導入するために実施された
昭和29年(1954)
三重郡桜村は四日市市に合併する。この時、四日市市桜町と四日市市智積町の二町に分かれる。(二町合わせて人口3,140人)
(昭和の大合併・・・昭和28年の町村合併促進法により、新制中学校が合理的に運営できる人口規模として、約8000人を標準とした町村合併)
昭和44年(1969)
これ以降、桜地区内の南方丘陵地で宅地開発が進む。順次「桜台」、「桜ヶ丘」、「桜花台」、「桜新町」が造成され桜地区の人口は増大する。
桜地区の人口→15,691(男7,667人、女8,024人)(平成26年1月1日現在)
桜地区の通称町別人口 (平成26年1月1日現在)
智積町  1938人
    世帯数:819
桜町南  1350人
    世帯数:490
桜町西 728人
    世帯数:255
桜町北 1384人
    世帯数:507
桜ヶ丘 484人
    世帯数:182
桜台一丁目 1662人
    世帯数:630
桜台二丁目 2731人
    世帯数:1078
桜台三丁目 315人
    世帯数:127
桜台本町 509人
    世帯数:202
桜花台一丁目 1859人
    世帯数:643
桜花台二丁目 1207人
    世帯数:422
桜新町一丁目 711人
    世帯数:235
桜新町二丁目  813人
    世帯数:262

「HOME」へ