(三重県四日市市桜地区)


       ネーミングの由来
“ふく”はふくろうから、“みん”は民生委員から“ふくみん”と名付けました。
ふくろうは「福来郎」「不苦労」という当て字が使われることでも有名で縁起の良いものです。夜でも目が良く見えるふくろうのように、民生委員児童委員が四六時中見渡し見守りを自然豊かな桜地区でやっていけたらいいなあ!との思いでネーミングしました。。
 桜地区民児協マスコットキャラクター
ふくみん
 
 
私たち民生委員・児童委員、主任児童委員は、皆さまの一番身近な福祉の相談役です。
皆さまが住み慣れた桜地区で、安心して暮らしていくためのお手伝いをしています。
ひとりで悩まないで
民生委員・児童委員は、桜地区単位自治会ごとに一人います。
主任児童委員は、小学校区ごとに一人います。
お近くの民生委員・児童委員、または主任児童委員にご相談ください。


民生委員・児童委員、主任児童委員の紹介はこちら
                    →名簿

☆こんなこと相談に乗ってくれるかなと思ったり、わからない事があるときは自分の地区の民生委員・児童委員に直接、または桜地区市民センター(TEL 059-326-2051)にお問い合わせください。

 💛ご案内💛
活動の概要
最近の活動
お知らせ
桜地区福祉サービスハンドブック
機関紙「さくらのふくし」 (年1回発行)
     第30号(最新号)
   第29号
     第28号

   「主な活動」へ

(最終更新日 2019.8.25



桜地区民生委員児童委員協議会