最近の活動報告

 令和1年8月19日(月)  第5回バンビーノ開催

今回は桜地区市民センターのご協力を頂き、名古屋市からむすび座の人形劇を夏休み中のちびっこさんに楽しんでいただきました。初めて見る人形劇を熱心にお父さん、お母さんと約1時間ふれあっていただきました。
 令和1年5月23日(木)  
桜幼稚園遠足の歩行安全見守り活動


園児26人が桜花台中央公園まで夏日晴天の中、たのしい遠足に行きました。桜地区民生委員10人が見守りに参加し歩行安全に協力しました。先生は「左を見て・右を見て」、「手を挙げて」と懸命に安全指導、みんな無事に戻りました。
 
令和1年5月22日(水)   
 第4回バンビーノ開催

絶好の天気の中、桜台第三会館に45名の親子が集いバルーンで遊んだり、紙皿かざぐるまを作り、絵本のお話を聞いたりして遊びました。また今回は市役所の保健師さんによる育児相談コーナーを設けお母さんの相談に応じました。
 
 31年3月2日(土)  
 女性委員の茶話会

委員が困っている事、地域向け福祉提案、自身の得意なことなどを女性委員だけで話し合い、福祉の向上に役立つ情報交換が和気あいあいと行われました。今回で2回目の開催です。
      
 31年2月10日(日)

   MJクラブの開催
民生委員OBと現役の親睦会(MJ会)が桜西中央公会所で開催し27人が、餅つき大会で親睦を深めました。あんこ、ねぎ、きなこ等々を女性元委員、現役委員が中心になって心づくしの餅を、美味しくいただきました。
また、男性OBの方が手作りこんにゃくをもってきてくださりとても美味しかったです。
 
   30年12月1日(土)  防災フェスタで炊き出し
桜地区防災フェスタが桜台小学校で行われました。私たちは非常食の炊き出しを他の団体と協働で行い、約600食のおにぎりを作りました。子どもたちは消防車の構造説明や、消火器の使い方、避難の仕方などを熱心に聞いてメモを取っていました。
 
 
  30年11月26日(月)  桜中学校福祉活動体験
桜中1年2組の26名が民生委員の紹介で桜南ほかほかくらぶを訪れ、毎月行っている高齢者の認知予防・健康増進取り組みを見学し、その後「フレンズ」という歌を高齢者に歌って会館が暖かく華やかになりました。
 
 
  30年11月18日(日)  桜連合文化祭に出店
市社協と共同で『福祉の店』を出店し、民生はパウンドケーキ、カステラ、どら焼きなどを販売。市社協は、障害者や高齢者の方が福祉施設で作った小物入れ、タオル、手芸品(編み物)などを販売しました。好天気に恵まれ地元の方が沢山来場され、絵画作品・手芸品など展示品や新鮮野菜を買っていました。
 
 
  30年11月10日(土)  MJクラブの開催
MJクラブは、桜民児協のOBと現役の交流組織で24名の参加がありました。今回は湯の山の「かもしか大橋」を見学し、その後希望荘で交流会があり、先輩方と桜地区の今後について話し合いました。
 
 
 30年11月1日(木)
 ≪プラトンホテル≫
 西部地域ふれあい研修会
西部7地区の民生児童委員約130名が集まり、今後作成する西部地区マスコットキャラクターのプレゼンが各地区単位で行われ桜地区は愛称「ふくみん」を提案しました。「ふく」はふくろうのふくから、「みん」は民生の民から名付けました。
 
 
 30年10月28日(日)
   ≪桜小学校≫
 さくらふれあいまつり
桜地区社会福祉協議会主催ふれあいミニ運動会が桜小学校体育館で開催されました。英水苑、エビノ園、その他施設から大勢参加し、玉入れ、パン食い競争、大玉ころがしなどで参加者全員が楽しく半日を過ごしました。民生委員もお手伝いさせていただきました。
 
 
 30年10月13日(土) 
≪桜地区市民センター≫
  
 認知症サポーター養成講座開催しました

桜在宅介護支援センター、桜地区社会福祉協議会と協力し開催。80余名のご参加を頂き、1部認知症サポーター養成講座、2部桜地区65見守りネットワーク会の立ち上げ経緯、現況を報告しました。
 
 
 30年10月12日(金)
 ≪桜台第3会館≫ 
 第3回子育て支援「バンビーノ」開催

今年で3回目となり80名の親子が風船遊び、手形スタンプ、ママのハンドマッサージなどで楽しい時間を過ごしていただきました。これからも、未就園児の子育て応援を続けてまいります。
 
   
30年8月25日(土)   英水苑夏祭り開催お手伝い

模擬店の販売を、民児協・社協・ボラ協・ミニデイで行い、沢山の方がかき氷、焼き鳥、みたらし団子、コロッケ、焼きそばなどに舌鼓を打ちました。また盆踊りに民児協の有志の方が参加して、その場を盛り上げました。
   
 
30年7月21日(土)    「さくら竹灯かり」に参加!

地域の環境整備の一環「竹害の対策」として今年で三年目が桜市民センター前で開催され、今年は桜民児協は清涼飲料などを販売し、猛暑の夜に一役買いました。
   
 
 30年7月19日(木)   四日市市民生委員児童委員大会に19名の委員が参加しました。
当日の講演は、明蓬館高等学校
南雲明彦氏の寄り添う心の大切さ~ボク、学習障害と生きています~
の題で講演を聞き、有意義な一日を終えました。また、山崎好子委員(副会長)が10年永年表彰を受けました。場所:あいあいホール(川越町)

   
 
 30年6月7日(金)  四日市市交通安全教室を見学してきました

桜台保育園の年長・年中の児童に指導員さんが腹話術で交通事故の話や、車の模型で横断歩道の渡り方など教えていました。
   
 
30年6月1日(金)    ユーユー会館見守り移動販売について

29年12月から販売開始し、6か月経過しましたが、現状と今後の計画について佐野社長、水谷さんと話し合いをいたしました。
   
 
30年5月30日(水)  桜地区65見守り会議開催

桜在宅介護支援センター、ケアマネージャー、市中包括、市社会福祉協議会の方および桜台、桜新町、桜花台の各担当地域民生委員と見守りに関して情報交換を行いました。場所:英水苑
   
 
30年5月2日(水)   桜ボランティア協会が、今後事業開始する総合事業の中の住民主体型サービスについてと、活動の紹介をスライドを使い説明を受けました。(説明は桜ボランティア協会 大内田部長)
   
30年4月14日(土)   

桜地区民児協のOB会(MJクラブ)が四日市スポーツランドで開催されました。みんなで筍のたけのこご飯、イノシシ肉、ハマグリなどいただき和気藹々の好日を過しました。
MJクラブは、四季折々に旧交を温めています。

   
30年3月2日(金)  

第1回女性委員茶和会が開催されました。
民生委員児童委員活動の中で活動上の悩み、女性委員に出来ることなどを積極的に話し合いました。今後の活動に役立つ有意義な話し合いでした。

   
29年12月14日(木)   桜65見守りネットワーク研修会が桜地区市民センターにて、民生とネットワーク協力団体主催で開催しました。当日は大変寒い中、約100名弱の参加があり、むらせシニアメンタルクリニック村瀬澄夫院長の講演を聞きました。
   
29年11月25日(土)  桜地区防災フェスタが桜小学校でありました。私たちは非常食の炊き出しを他の団体と協働で行い、約500食のおにぎりを作りました。


     桜地区自主防災
   
29年11月19日(金) 桜連合文化祭に社会福祉協議会と共同でふくしの店を出店し、民生はカステラ、どら焼きなどを販売しました。衆議院議員岡田克也さんも購入いただきました。
   
29年11月5日(日)  桜地区社会福祉協議会主催ふれあいミニ運動会が桜小学校体育館で開催されました。玉入れ、パン食い競争、大玉ころがしなどで参加者全員が楽しく一日を過ごしました。
 
29年10月30日(月) 西部地域民生委員児童委員研修会・交流会がプラトンホテルで開催されました。三味線は小山田地区会長です。
   
29年10月13日(金)  桜台第三会館で民生委員児童委員が主催して、子育て支援活動「親子で遊ぼうバンビーノ」が開催され午前中楽しみました。当日は60人の幼児と保護者が参加して、民生委員児童委員による絵本のおはなし、風船であそぼう、親子でうたおうなどの遊びで盛り上がり、みんな笑顔いっぱい楽しみました。(年1回開催しています)