桜花台連合自治会 会長就任挨拶
平成30年5月吉日 
連合自治会会長  神田 幹雄 

皆様、益々ご清栄のことと、お慶び申し上げます。

平素は、自治会活動へのご理解とご協力を賜り誠にありがとうございます。本年度、永田輝夫前連合自治会長より引き継ぎ、桜花台連合自治会長に任命され、自治会運営にあたることになりました。皆様のご理解とご指導・ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。
  本年度は、桜花台連合自治会の五役・幹事を中心にさらなる“安心で安全な住み良いまちづくりとさらなる活性化”を目指して、各区自治会長・自治会役員・組長様をはしめ、桜花台各種団体様との横のつながりを拡充させ、協力・支援・人のつながりを大切にし、自治会運営を推進して参ります。
  尚、桜花台連合自治会五役を改めて紹介いたします。
 (会長)神田幹雄・(副会長)高森良雄・(書記)平松一男・(会計)今国男
 (会計監査)間井芳三郎・(平松一男)

 ”本年度自治会活動の骨子“
桜花台での最大の課題である住民の高齢化と防災・防犯への対応を推進して参ります。
(一) 従来活動の推進
1 防災面の向上防災活動委員会・自治会役員・組長を中心に、来るべき災害に備えて避難 訓練等の活動を進めます。
2 防犯面について(防犯の初歩は挨拶から。)お互い声かけをよろしくお願い致します。又、青色パトロールの実施を継続して行います。
3 環境面の向上行政と充分連携し、行政へも要望する。
   桜花台住民全員による除草及び美化啓発を推進する  
 ・ 管理組合・桜花台関連団体の支援も仰ぎ、きれいな住み良い団地をめざす。
4 高齢化への対応
 すでに行われている活動を支援するとともに、今後引きこもりを防ぎ気軽に集   まれる場所の提供を行うため、活動委員会の設立等を考えてゆきます。
   
最後に、“お互いさま”の気持ちを大切にして、皆でできる事を少しづつ実践しましょう。