会則   

home

                            


桜台南区自治会 会則


  (名称)
第1条   この会は、桜台南区自治会(以下会)と言う。

  (会員)
第2条   この会は、桜台南区に居住する住民で組織する。 ただし、会議における会員
      の表決権は1戸当たり1票とする。

  (目的)
第3条   この会は、会員相互の親睦と生活の向上を図り、地域環境をよりよくすることを
      目的とする。

  (事業)
第4条   この会は、第3条の目的を果たすため次の事業を行う。
      (1)生活環境の整備、充実。
      (2)環境の安全及び衛生の向上。
      (3)会員相互の親睦を図る行事。
      (4)この会は政治活動、宗教活動、営利を目的とする活動等、これらに準ずる。
         活動は行わないものとする。
      (5)その他、会の目的に沿うこと。

  (役員、その他)
第5条   この会に、次の役員を置く。
        会長         1名
        副会長        1名
        書記         1名
        会計         1名
     2.この会の各組ごとに組長を1名を置く。
     3.この会に次の委員会を設置し、委員を置く。
        安全委員      若干名
        衛生委員      若干名
        文体委員      若干名
        その他必要に応じて設置する委員会  若干名
     4.役員、組長に欠員が生じたら速やかに補充する。

  (任務)
第6条   会長は会を代表し、会務を総括する。
     2.副会長は会長を補佐し、会長事故あるときは其の職務を代行する。
     3.書記は会議の議事を記録し、通知事項の作成に当たる。
     4.会計は会の会計をつかさどる。
     5.組長は会員の意思を反映し、組を代表して組長会に出席し、必要事項を連絡
       すると共に会費の徴収及び広報の配布を行う。
     6.委員は委嘱さえた職務を行う。

  (役員会)
第7条   役員会はこの会則で定めるものの他、次の事項を審議決定する。
     1.総会に付議すべき事項。
     2.総会の決議した事項の執行に関する事項。
     3.その他、総会の決議を要しない会務の執行に関する事項。

  (役員会の招集等)
第8条   役員会は会長が必要と認めるとき招集する。
     2.会長は役員の4分の1以上から会議の目的である事項を記載した書面をもって
       召集の請求があったときは、役員会を招集しなければならない。
     3.会長は役員会に必要があると認めるときは、組長等の出席を求めることが
       出来る。
     4.役員会の議長は会長がこれに当たる。
     5.役員会の成立は4分の3以上の出席者を要し、議決は出席者の過半数の賛成
       による
    
  (選出方法、任期)
第9条   第5条1項の役員選出については、自治会を4班(付表)に分割し、それぞれの
      班に役員選考委員会(以後委員会とする)を設置する。
      選考委員は現組長と次期組長で構成する。
      各班の委員会には委員長と書記を選任し会の運営に当たる。
      各班委員会には要請があれば、現役員が立ち会うものとする。
     2.各班委員会は役員の選考にあたって、一定期間を定めて立候補及び推薦に
      よる候補の届出を受ける。
     3.委員会は前項の規定にかかる候補者がいない場合は、委員会で推薦者を
      探求し、なおかつ候補者がいない場合は該当班の中で話し合い、候補者を選出
      する。
      該当班は話し合い時には役員が立ち会うものとする。
     4.各班で選出された役員候補者は4班合同委員会での選考後、総会の承認の
      信任により決定する。
      合同委員会の委員長・書記は現自治会長・書記が勤める。
     5.第5条1項の役員の任期は1年とするが、再任は妨げない。ただし連続三期ま
      でとする
     6.副会長は次期会長に就任するものとする。
     7.組長の話し合いにより、次期組長が選考された場合には、新たに組長を選出
      する。
     8.第5条3項の各委員は次期組長で分担、組長会で決定するr。
      各委員会の委員長(部長)は委員の中から選出する。

  (組長会)
第10条   組長会は、役員及び組長で組織し、日常業務及び役員会の提案時効の審議
      を行う。
     2.組長会は、会長が召集し、原則として1ヶ月に1回の定例会を開催する。
      また、会長は必要に応じて臨時に組長会を開催することが出来る。
     3.会長は組長会に第5条3項の委員の出席を求めることが出来る。
     4.会長は組長の4部の1以上から会議の目的である事項を記載した書面をもって
      招集の要求があったときは、組長会を招集しなければならない。

  (総会)
第11条   総会は、全組長(新旧)及び代議員により構成し、会の最高決議機関とする。
     2.代議員は、各組毎に1名選出する。
     3.定期総会は、毎年4月に会長が召集し、前年度の事業報告、会計報告、
       会計監査報告を行い、新年度の事業計画、予算を審議する。
     4.会長は、必要と認めた時臨時に総会を開催することが出来る。
     5.会長は会員の4分の1以上から会議の目的である事項を記載した書面をもって
       召集の要求があった時は、総会を招集しなければならない。
     6.会員が総会の傍聴を希望するときは事前申し込みとする。

  (総会の議長)
第12条   総会の議長は、其の総会において出席した会員の中から選出する。

  (総会の定足数)
第13条   総会は、第11条1項の構成員の3分の2以上の出席がなければ、開催する事
       が出来ない。

  (総会の議決)
第14条   総会の議決は出席した会員の過半数を持って決し、可否同数のときは議長の
      決するところによる。

  (会計監査)
第15条   総会で当年度の監査員を2名以上選出し、会計監査員は1年度1回
      以上会計の監査を行い、これを総会に報告する。
      其の任期は1年とする。

  (資産)
第16条   この会の資産はつぎの通りとする。
     1.会費(月額)600円〔1戸当たり)
     2.補助金、委託料、納税協力金
     3.活動に伴う収入
     4.資産から生じる利息など
     5.その他の収入

  (経費の支弁)
第17条   本会の経費は資産をもって支弁する。

  (異動)
第18条   会員(戸)に転入、転出の異動が生じた時は、組長は速やかに会長にその旨
      届け出なければならない。

  (会計年度)
第19条   この会の会計年度は毎年4月1日から翌年の3月31日までとする。

  (会則の変更)
第20条   この会則の変更は、総会の議決による。

  付 則
     1.この改正は、昭和58年1月1日から施行する。
     2.会員死亡の際には、弔慰金を贈る。

     平成 3年 2月12日     一部改正
     平成 6年 4月 9日     一部改正
     平成 7年 4月 8日     一部改正
     平成10年 1月11日     一部改正
     平成14年12月15日     一部改正
     平成19年 4月 8日     一部改正
     平成20年 2月 9日     一部改正
 
  付 表
     桜台南区役員選考規程
     1.南区内を4班制にして、各班から委員長・書記を選出する。
     2.各班とは、以下の組み合わせとし、各班が順番で役を受け持つ。
@ A B C
組ー戸数 38組ー16戸 49組ー10戸 54組ー11戸 41組ー15戸
組ー戸数 39組ー14戸 50組ー12戸 55組ー11戸 56組ー13戸
組ー戸数 53組ー14戸 51組ー15戸 61組ー11戸 58組ー18戸
組ー戸数 57組ー12戸 52組ー15戸 62組ー17戸 59組ー10戸
組ー戸数 63組ー12戸
組ー戸数
合計戸数 56戸 52戸 50戸 68戸



    3.役職は、原則として会長・副会長・書記・会計の順で受け持つ。
@ A B C
1年目 会長 副会長 書記 会計
2年目 会計 会長 副会長 書記
3年目 書記 会計 会長 副会長
4年目 副会長 書記 会計 会長
5年目 会長 副会長 書記 会計
以下同順
   *班の先頭は抽選で決める(初回のみ





                                   topへ