(三重県四日市市桜地区の遺跡地図)


【註1】この地図は「四日市市公開型GIFの遺跡情報」を基に合成・加工したものです。
【註2】この印は遺跡のおおよその位置と範囲、黒文字は遺跡名と( )内に該当時代、
青文字は「出土遺物」を表します。
【註3】西区の「鈴原」の
(註)について・・・この地は「桜町字北平子、砂子谷」ですが「鈴原遺跡」と命名されています。実際の「字鈴原」は矢合川上流の点線で囲った所ですが、この件に関して詳細不詳です。
【註4】次の遺跡の出土物等は各々のリンク先をご参照ください・・・「智積廃寺跡」の「発掘調査結果」、
「土丹遺跡について」
【註5】「北浦古窯跡群1号・2号」は、桜地区外の神崎地区寺方町に存在しますが、「智積廃寺」の「智積廃寺の瓦を焼いた場所」と考えられています。

(参考資料:四日市市公開型GIS遺跡情報。『四日市市史第2巻・第3巻』、『四日市市遺跡マップ』四日市市教育委員 2001年)

  
作成:2018.10.30  (文責:永瀧洋子)