桜の史跡NO.18
    Q 雨池用水と大師堂  
     
        「桜の史跡説明板集Qへ」   「桜の史跡地図」Q


1. 雨池用水(場所・四日市市智積町一生吹山及び東麓)

@「日本の人口推移」   
  • 縄文晩期から現代まで「日本の人口推移」(出典・『人口から読む日本の歴史』鬼頭宏著)
    時   代 人口
    (単位:千人)

    備     考
    縄文晩期(2900年前) 75.8
    弥生時代(1800年前) 594.9
    奈良時代 (725年) 4512.2
    平安時代初期(800年) 5506.2
    平安時代末期(1150年) 6836.9
    江戸時代 慶長5(1600)年 12273.0  1603年(慶長8年)江戸幕府成立
    江戸時代 享保6(1721)年 31278.5 1721年、将軍徳川吉宗、全国人口調査。幕府は全国の諸領に布達を出し領内の人口を報告させた。
    ★享保の大飢饉:享保17(1732)年
    江戸時代 天明6 (1786)年 30103.8 ★天明の大飢饉:天明2(1782)年〜天明7(1787)年
    江戸時代天保5(1834)年 32476.7 ★天保の大飢饉:天保4(1833)年〜天保10(1839)年
    明治6年(1873年)
    33300.7  明治維新
    昭和25年(1950年) 83898.4   終戦後
    平成7年(1995年) 125570.2
  1. 平安時代末期以降の荘園・公領制度下では、有力農民である名主の下に、下人など多くの隷属農民が属していましたが、16世紀末に実施された「太閤検地」の「一地一作人制」、すなわち耕地一筆ごとに耕作者を検地帳に記載して年貢負担者が確定されました。
    • これによって、名主層の中間搾取が排除されました。即ち、荘園制崩壊。
    • この太閤検地以来、小農の自立を促し家族単位で耕作を行い、農地開拓にも意欲的に取り組み、農業生産力が増加したと考えられています。

  2. 江戸幕府開府から約100年間に、日本の人口は大幅に増え3,100万人前後に達しました

  3. しかし、1800年を中心とする一世紀は、日本のみならずヨーロッパにおいても気候が極度に寒冷化した世界的な「小氷期」でした。
    • 1732年の享保の凶作は、ウンカを中心とする虫害で、被害は西日本を中心に現れました。
    • 宝暦、天明の凶作(1753〜63年、1782〜87年)と、天保の凶作(1833〜36)は、いずれも夏季の気温低下による冷害が主な原因でした。
    • 気候寒冷化の影響を強く受けたのは、東北地方の太平洋側と北関東でした。
      元々暖かい西南日本では、被害は小さかったとされています。

A伊勢國三重郡智積村・佐倉村の様相
  1. 智積村と佐倉村における”江戸期1800年前後の「小氷期」の様相”についての直接的な公的文書や私的書類及び伝承も無く、当時の先人の苦労を伺い知ることはできません。しかし、桜地区内の溜池(ためいけ)築造年代から、「小氷期」に於ける溜池受益者の結束による熱い挑戦の軌跡が伺えます。
    【溜池築造年代】
    • 智積村
      ●下雨池(通称・雨池)・・1733年以前(享保18年以前)
      ●新雨池(通称・瓢箪池)・1818年(文政元年)
    • 佐倉村 
      ●大溜(通称・池の溜)・・1818年(文政元年)
      ●大谷池(通称・弁天池)・1849年(嘉永2年)但し、完成は2年半後となる。

    関連ページ「桜町西区のマンボについて」の「1.水不足と闘った先人たち」をご参照ください)

  2. 智積村灌漑用溜池
    丘陵地や谷間や荒れ地を開墾して「水田」とするため、さらに高地に溜池(雨池)を造り、「灌漑用水路」を造って「水田」としました。
    • 苦労の末に完成した「溜池・通称雨池」のほとりに、当時の人々は溜池の守り仏として「不動明王」を祭祀し、永遠に水を湛(たた)えますようにと願いを込めました。
      関連ページ「鵯岡白滝不動」のページをご参照ください

    智積村灌漑用溜池 (出典:『明治17年調 伊勢国三重郡智積村地誌』)(明治17年は1884年)
    下雨池
    通称・雨池
      (あまいけ)
    面積・・・・約2640u(800坪)もある大きい溜池
    水掛田・・・反別6町7反1畝5歩(約6.65ha)の用水に供す。
    築造年・・・正確な築造年代は不明ながら、享保18年(1733年)には存在した。
     1733年(享保18)作『佐倉村・桜一色村・智積村山野論立会絵図写』に池が描かれている。(次項3.の絵図をご参照ください)
    祭祀・・・・「不動明王」
    新雨池
    通称・瓢箪池
      (ひょうたんいけ)
    面積・・・1129u(342坪)のやや小ぶりの溜池
    水掛田別不詳
    築造年・・・1818年(文政元)
          「通称・雨池」より約120m上手の窪地に新築された。
    祭祀・・・・詳細は不明ながら「石仏」が祀られた模様。


  3. 下記の絵図は、1733年(享保18)8月に作成された『佐倉村・桜一色村・智積村山野論立会絵図写』です。
    • 江戸期の人口増加に伴い、従来の慣習で曖昧であった山地と畑地の境界を明確に仕切り直す必要が生じ、佐倉村、櫻一色村、智積村の三村の庄屋・年寄・惣百姓代の計15名が立会・見分した後、絵図に各々署名捺印して厳重に保管されました。(この時代の智積村は、有馬藩と長島藩の共有地であったため計8名が署名)

      「智積村内山」と「一生吹山」の境の低地に「下雨池」通称・雨池」がみえます。
      1733年(享保18)作『佐倉村・桜一色村・智積村山野論立会絵図写』の一部分
      (同絵図の”智積村”の一部を切り抜き、文字等挿入しました)   

      (加工責任・永瀧)


  4. 『明治17年伊勢國三重郡智積村地誌付属圖』
    「字横谷」開墾田(棚田)・・・反別6町7反1畝5歩(約6.65ha)

    明治17年伊勢國三重郡智積村地誌付属圖』
    雨池用水の受益田=「字横谷」及び字円上田と字大竜の位置

                  (作成年月日・2021.04.加工責任・永瀧)

B『雨池用水 水路図』

(桜郷土史研究会元会長中根修様作成の『雨池用水 水路図』を一部加工・加筆させて頂きました。責任・永瀧)
 
C雨池用水の受益田
  1. 「雨池」の水は、先ず山間(やまあい)の「開墾田」を灌漑します。
    (山間の「字横谷」は”棚田”として開墾造成された)

    • 「国土地理院地図」で智積町をみると、智積町矢合川右岸の水田の標高は30m、「雨池」の池畔の標高は57m、直ぐ下の用水出口は47m、以下標高は徐々に40〜39mまで下がり、「ゆうゆう会館」で32.7mです。

    • 『明治17年調 伊勢国三重郡智積村地誌』に、「字横谷」は「松多くして大樹なし」と記載があります。2021年現在は、「字横谷」は山林です。
      昔から昭和30年(1955年)後半頃まで、一生吹山は住民が家庭用燃料としての”柴刈り場”であったため、山の樹木は大木に育たなかったそうです。(桜郷土史研究会先輩の話)

    • 例えば、直ぐ東隣の「字初瀬」にある「初瀬ビオトープ」の池(標高40m)から山頂方面を望むと、水田や池に陽射しがいっぱい降り注いでいる様子は、在りし日の「字横谷」の”棚田”を彷彿とさせます。

  2. 字横谷の棚田を灌漑した後、一生吹山麓東側の水田を灌漑します。
    上記のB『雨池用水 水路図』で分かるように、導水路を通って大師堂の背後まで流れ来た水は、そこから勾配を利用して掘削した約70mのマンボを通過した後、山の輪郭沿いにくねくね曲折した用水路を巡って「メダカの学校」のある字初瀬(あざはつせ)や、字大谷(あざおおたに)方面へ流れながら、山の稜線沿いの水田を灌漑し、それから東方の高角境の水田も灌漑しました。
    「マンボ」の解説は「桜町西区のマンボについて」のページの「2.マンボの基礎知識」をご参照下さい)

D雨池用水路のユホリ(維持・保守管理)
  • 「雨池用水」の水を満遍なく全ての水田に行き渡るようにするため、用水路やマンボの掃除や補修(これを智積ではユホリ、ゆ掘りと言い習わした)は必須作業で、年に一回「雨池用水」の受益者が総出で補修・掃除を行いました。
E雨池用水の現況
  1. 昭和42(1967)年以降、桜地区で土地改良事業が実施され、それと並行して三重用水の給水設備も整備されたので、用水料を負担すれば、高齢者でもバルブをひねって簡単に自分の田んぼへ水を入れることができる便利な世の中になりました。

  2. こうして、かつては両溜池の恩恵を受けた雨池用水系の水田にも近代的灌漑設備が完備され、その結果、溜池は不要となり、水路は埋もれ、マンボも崩れ、最早昔の雨池用水路を確認することも困難となりました。

  3. 平成20(2009)年現在、「瓢箪池」は枯れて灌木が生える湿地となり、「雨池」は今なお水を湛えていますが、農業用溜池としての役目は終了しています。

F雨池用水の「守り仏」
  • 「雨池の造成と雨池用水路」が完成した時、「雨池の水が絶えることなく、永久に豊かな水を湛える池でありますように」と願いを込めて、雨池用水受益者の方々が相談し、守り仏として「不動明王」が祭祀されました。

  • その「守り仏」は、今では「鵯岡白瀧不動」名付けられて大切に祭祀されています。
    「鵯岡白瀧不動」のページをご参照下さい。


2. 大師堂(場所・四日市市智積町字円上田 一生吹山登山道入口)

@大師堂について
  • 弘法大師として知られる真言宗の開祖空海は、平安初期の821年(弘仁12)に現在の香川県沖多度郡満濃町に修築した「満濃池」をはじめとして、あちこちに灌漑用溜池を造り水不足に悩む農民を救いました。
    このことから、全国各地の溜池や掘り抜き井戸などの「守り仏」として「弘法大師像」が祀られています。

A桜地区智積町の「大師堂」
  • 【大師堂と掘り抜き井戸跡】
    • 場所:四日市市智積町字円上田・・・・・一生吹山への登り口付近
    • 本尊:弘法大師坐像。高さ30cmの石像。
「大師堂」・・・一生吹山登山道入り口
名阪自動車道の西
「掘り抜き井戸跡」・・・大師堂に向かって右側
「大師堂 内観」 石製の「弘法大師坐像」
             (撮影・2013.11.21)

B「大師堂」の由来
  1. 「大師堂」の前方一帯に広がる字・円上田(えんじょうでん)の水田は、従来、一生吹山の西斜面を流れきて茶々川へ注ぐ小川と、この辺りの山から浸み出す自然水を灌漑水としていましたが、年を追うごとに水不足となったので、「掘り抜き井戸」を掘削して地下水を汲み上げ補水しました。

    • そして、この辺り一帯の耕作者の代表・伊藤才次郎様が、小さな祠(ほこら)を建て、石製の弘法大師坐像を安置して、「この井戸が永久に豊富な水を湛えますように」と祈願しました。

    • その時、この井戸を利用して水飲み場もつくられたので、農作業の合間に口を潤したり、一生吹山への参詣者の憩いの水飲み場ともなっていました。

  2. しかし、その後、この円上田の西隣の字大竜(だいりょう)にも「掘り抜き井戸」が掘られました。
    すると、ここ「円上田」の井戸の水量が減少し、更に1968年(昭和43)頃から始まった名阪自動車道の建設工事の影響を受けて、水は全く涸れてしまい、「掘り抜き井戸の跡」を残すばかりとなってしまいました。 

  3. しかし、幸いなことに、昭和42(1967)年以降、桜地区内で順次「土地改良整備事業」が実施され、「字円上田」と「字大竜」でも灌漑設備が完備されたので、最早水の苦労は無くなりました。

  4. 【以下、聞き取り調査】
    その頃、弘法大師に信仰の厚かった智積町の廣田きみ子様が、水の恩恵を受けて農作業をした昔を忘れてはならないと思っていたところ、思いを同じくする深い信仰心のあったお二人(智積のKさんと鈴鹿の人)によって、瓦葺の立派な仏堂が建立され、石造の弘法大師坐像を改めてお祀りして、この仏堂を「大師堂」と命名されました。
    それ以来、永らくこのお二方は熱心に参詣され、また廣田様とこの近くにお住いの牧田久子様が大師堂をお守りし続けましたが、一人、また一人と天寿を全うされ、今では牧田様お一人になりました。
    今日、牧田様は毎日仏堂の内外を掃き清め、お大師様にお茶をお供えして、常に仏花や線香・蝋燭にも気配りしながら、大切に大師堂を護持しておられます。 
    2013年11月21日現在、牧田久子様80歳、明朗で溌剌としたシニア、2年前には仏像の御衣など手縫いで新調されました。

    【謝辞】牧田久子様には、2013年11月21日、快く聞き取り調査にご協力頂き誠に有難うございました。

                    ー 完 ー 
                                        文責・永瀧洋子
参考文献:『日本史辞典』岩波書店、『人口から読む日本の歴史』鬼頭宏著、『明治十七年調伊勢國三重郡智積村地誌』、『同櫻村地誌草稿』