先人の確かな足跡が、今も無言でひっそりとたたずんでいます。
「こんな所に・・・。」と意外な場所に、「桜の石造物たち」がたくさん残っています。
あなたも探しに出かけてみませんか?

それぞれ個性的でいい表情してるんですよ、これが。意外とね。

私たちの先祖が身近な信仰の対象とした「山の神」と「疱瘡(ほうそう)の神」、
かつては幾多の旅人を導いた「道標」、などなど・・・・、
現代人が捨て去ろうとしている石造物を一つ一つ取り上げ、形ある資料としてまとめました。
桜の先人の心象風景・・・・・垣間見てください。

C  O  N  T  E  N  T  S
山の神

わたしたちの素朴な信仰「山の神」が、遠い過去の遺物とならんとしています。桜地区には、押し寄せる開発の波にもめげず、8ヶ所に「山の神」は静かに鎮座しています。
山之神の掛軸について 四日市市桜町南 佐野師光氏 特別寄稿
山の神祭事 桜町山上に継承されている、非常に珍しい“山の神の掛軸”に伴う祭事を調べてみましょう。
疱瘡の神(ほうそうのかみ) 私たちの町には、昔、「疱瘡(ほうそう)の神さん」という素朴な信仰がありました。疱瘡は天然痘のことです。感染力の強い伝染病である疱瘡の脅威に怯えた当地の人々の信仰をたどってみましょう。
道標
桜地区では大正8年頃から昭和前半まで、旅人の道しるべとして親しまれた「道標」も、近代的道路標識にその道を譲り、里道の端っこでたたずんで、ひそかにあなたが見つけてくれるのを待っています。
Map道標と山の神 マップを手に道標と山の神を探訪してみませんか? 
道で出会ったお年寄りに昔の話を聞いてみましょう。皆さん気楽にお話してくださいますよ。
桜村の元標の記念碑 昭和63年に「桜村の元標の記念碑」として石碑が建てられました。
「元標とは何か?」 当地の元標の真相に迫ります。
石碑いろいろ 風化しつつある格調高い漢詩文の石碑、真新しい桜の俳人の句碑、折々の記念碑など、ここでは今昔入り混じり集めました。

                                           2002年4月調査、5月掲載